沿革

昭和55年7月 有限会社 二興として発足
昭和56年4月 社名を変更して コスモエンジニアリング株式会社となる
昭和57年6月 プラントエンジニアリング事業部を開設
平成7年4月 3D-CAD:PDMSを導入
平成19年1月 本社を大田区より豊島区へ移転
平成20年10月 札幌営業所 開設
平成21年6月 海外設計・技術提携会社(ベトナムホーチミン) 業務提携
平成22年8月 海外設計・技術提携会社(ベトナムホーチミン) PDS(3D-CAD)共同導入
平成22年12月 コスモテクノ株式会社 設立(千代田区岩本町)
平成23年4月 3D-CAD:EYECAD 導入
平成23年8月 JAPAN NEW TECHNO PLANT INC., (JNTP INC.,) フィリピン(セブ島)設立
平成23年10月 コスモテクノ株式会社 本社移転(中央区豊海町)
平成26年8月 関西事業所(兵庫県相生市) 開設
平成27年1月 コスモテクノ株式会社 本社移転(兵庫県相生市) 東京事業所開設
平成27年6月 3D-CAD:Smart3D(S3D),SPI 導入
平成28年4月 3D-CAD:Tekla Structures 関西事業所 導入
平成28年4月 東北事業所(福島県いわき市)開設・コスモテクノ㈱いわき支社設立
平成28年10月 3Dレーザースキャナー(Leica ScanStation P20)導入
平成29年1月 3Dレーザー点群処理ソフトInfiPoints導入
平成29年5月 コスモテクノ株式会社 本社移転(福島県いわき市)
平成30年2月 設備用3D-CAD:CADWe'll T-fas 導入にて業務開始
平成30年3月 骨組構造解析・設計支援システム STAAD.Pro導入
平成30年4月 3D-CAD:AutoCAD Plant3D 導入にて業務開始
平成30年4月 3D-CAD:PDMS後継ソフト AVEVA E3D導入
令和2年 2月 3Dレーザースキャナー(Leica BLK360)導入
令和3年 7月 日本ジュロン・エンジニアリング株式会社(JJEL)の全株式を同社株主 Jurong Engineering Limited(JEL)から譲受する株式譲渡契約を締結。
コスモアドバンステクノロジー株式会社 設立(中央区銀座)
以来着実に事業の拡大に努め今日に至る